小矯正治療の症例|岡山県美作市でマイクロスコープによる精密歯科治療を行う歯医者なら野亀歯科医院へ。

0868-72-3555

MENU

症例紹介

小矯正治療

小矯正治療の症例

症例情報

症状 銀歯の下で土台が大きな虫歯になり、歯茎より下まで腐ってしまったために土台を作ることが困難な状況となっていた。
治療法 痛んだ歯の根を引っ張り出して、使える健康な歯質を確保する小矯正『挺出ゴム法』を用いて、保存困難な状況から回復させた。
費用 挺出ゴム法のみで〜4万円程。数回のゴム交換に毎回千円ほどいただいております。
通院回数 3〜4回
備考 治療は、最初に挺出ゴムの装置を取り付け、そこから数回のゴム交換で歯を引き上げていきます。
だいたい一度のゴム交換で1.5mm程度引き上げられます。
目的の位置まで引き上げられたら矯正はそこで終了となりますが、歯を引き上げると周囲の歯茎も一緒について上がってきてしまいますので、余分な歯茎を取り除く処置を行うことになります。
歯茎を取り除く処置の傷が治り次第、被せ物治療に移ることになります。
治療後に懸念されることとして、根を引き上げる処置であるため、結果的に根は短くなるため歯の動揺度は増す傾向にありますが、使用に問題はありません。

治療詳細

引き上げるための装置を取り付けたレントゲン写真。

同じく、装置を取り付けた口腔内の写真。

2回のゴム交換後のレントゲン写真。歯が引き上げられているのがわかる。

同じく、引き上げられた歯の口腔内写真。歯が持ち上がり、それに伴って歯茎も増えているのが分かる。

増えた余分な歯茎を取り除く処置をしたところ。傷んでいない健康な歯質が多く確保された。

処置後の歯茎が治り、土台を作成したところ。歯茎より上に、健康な歯質で土台の縁が作られているのがわかる。