根管治療|岡山県美作市でマイクロスコープによる精密歯科治療を行う歯医者なら野亀歯科医院へ。

0868-72-3555

MENU

根管治療

根管治療について

虫歯は早期発見・早期治療が大切ですが、もし悪化させてしまっても諦めないでなるべく早く歯科医院を受診して治療を受けてください。「根管治療(こんかんちりょう)」によって歯を抜かずに済んで、歯を残せるかもしれません。
「根管治療」とは、根管から虫歯菌に汚染された神経や血管、歯質を除去して、洗浄・消毒してから薬剤をすき間なく埋める治療です。その上に詰め物や被せ物をして歯の機能を補います。 一般的な日本の保険水準での根の治療(抜髄)の成功率は50%くらいと言われています、これは世界水準のデータで見たときとても低い成功率です。

当院はこの状況を変えたいとの思いから、世界水準に準拠した根管治療について学ぶため多くの勉強会で学んでおります。世界水準に準拠した根管治療(抜髄)の場合、成功率は90%を越えると言われています。

患者さんのご希望に合わせた根管治療

当院では、保険治療水準での治療を希望される患者さんには、一般的な日本保険治療水準にのっとった根管治療を行います。一方、世界水準での根管治療を希望される患者さんには、被せ物で自費治療を選択してもらうことを条件に世界水準での根管治療を行っています。
被せ物を自費で行う理由としまして、被せ物は綺麗にした根管の中に再度細菌が侵入しないための蓋の役割を持っていますが、せっかく世界水準で根管治療を行なっても保険水準の被せ物では再感染を防ぐことは難しいのです。そのため、適合精度の高い自費治療の被せ物で再感染を防ぐことを目的としております。

当院が世界水準に準拠した根管治療のために行っている取り組み

根管治療前の歯面清掃、消毒の徹底

根管治療の目的は、根管内の虫歯菌に汚染された神経や血管、歯質を除去して細菌を取り除くことです。歯の周りが清潔ではなく汚れたまま治療するとどうなるでしょうか?
プラ-ク(歯垢)と呼ばれる汚れの1mg中には、約10億もの細菌が存在する細菌の塊です。もし根管治療中に、治療器具が一瞬でもプラークに触れようものなら、治療器具についた細菌を根管内に押し込む事になり、根管治療は失敗に終わる危険性が高まってしまいます。
綺麗ではない水で汚れものを洗うようなものです。

そのため当院の根管治療では、まず徹底的に歯の周りを掃除する歯面清掃を行い、薬液で消毒してから治療にかかります。

ラバーダム防湿

日本の保険治療におけるラバーダム防湿使用率は5%、日本歯内療法学会員の先生方でも25%ほどと言われており、行うことが一般的とは言えない現状である以上、当然当院でも日本保険治療水準の根管治療ではラバーダムを行いません。
世界的には、ラバーダム防湿なしに根管治療をすることなどありえないというのが標準的な考え方です。世界水準の根管治療を希望される患者さんにはラバーダム防湿を徹底して行っています。
唾液の中には1ml中に善玉菌も悪玉菌含め、1億個の細菌がいるとされています。しかし、治療中唾液を出さないようにする事は出来ません。ラバーダム防湿は、ゴムのシートで治療する歯だけを露出し、治療中に根管内に細菌が入り込むのを防ぎます。

歯科医療の先進国であるアメリカで根管治療を行う際には、ラバーダム防湿の使用は一般化されています。

歯科治療用顕微鏡(マイクロスコープ)の利用

マイクロスコープとは、元々は眼科や脳神経外科などで使用されていた手術用顕微鏡で、肉眼の20倍程度まで拡大して患部を確認することができるため、精密かつ正確な治療が可能となります。

根管の中、先の方まで直接見ることができますので、これまでの歯科医師の経験や技術だけに頼った手探り治療ではなく、目で見て確実に診断・治療を行う、精密な治療が提供できるのです。

患者さんごとに治療器具は使い捨て

根管の掃除には、針状の「ファイル」という細いやすりのような治療器具を使います。
日本の保険診療では一般的に、使用後に洗浄・滅菌して、折れるまで何度でも使用します。

当院の根管治療では、ファイルも患者さんごとに使い捨て(ディスポーザブル)としております。

封鎖性、抗菌性に優れた根管充填材の使用

根管を乾燥させて消毒させたのち、除去した神経の代わりに空洞になった部分に薬剤を隙間なく埋める処置をします。再び細菌が入らないよう空間を埋めてしまうのです。
綺麗にした管の状態を保つ為に『根管充填材』は強い殺菌性と高い封鎖性を求められます。

世界的には当然として用いられていても日本では未承認の優れた材料は多くあり、説明に同意いただける場合はこちらを使用させていただくことができます。

世界水準に準拠した根管治療用特殊器具の使用

日本の歯科保険診療とは、国民皆保険制度により、治療費の一部(ほとんどの方は3割)を負担するだけで受けられる治療であり、基本的な機能回復のための治療ですので、おのずと安価で無骨な道具しか使う事ができません。

当院の根管治療では、治療器具や材料にこだわっているので、保険治療では使用することが難しい、精巧で高価な器具機材をふんだんに用いることが出来ます。

歯科用CTによる3次元的診断

インプラント治療の普及などによって、歯科治療に欠かせない診断装置として一般的になったのが『歯科用CT』です。当院では必要に応じて、CTを撮影し、画像診断を行ってから根管治療に進んでおります。

通常の歯科用レントゲン装置における撮影画像は平面です。一方歯科用CTは、あらゆる角度から撮影箇所を表示する立体的な画像診断が可能です。そのため、根管の本数、曲がり具合、分岐、広がりなど根管治療に必要な重要な情報をつぶさに知ることができ、治療をより確実に行うことができます。

治療時間

厚生労働省が定めた材料と方法の範囲内で機能回復させることを目的とした保険診療においては、根管治療にかけられる時間は限られています。

世界水準の根管治療を希望される場合には、 1回の治療に1時間から1時間半ほどの余裕を持った時間を確保し、丁寧かつ慎重に精度の高い治療を行うため、結果として成功率を高めることができます。

なぜ世界水準に準拠した根管治療を行うのか

根管治療とは、細菌感染した根の管をきれいに掃除・消毒する治療です。一見簡単なように思えますが、歯科業界では最も難しい治療のひとつと考えられています。なぜなら、根の管は単純な一本の管ではなく、木の根のように複数に分岐し、とても複雑な構造をしているからです。根管の先端まできれいに清掃することは、経験と勘だけを頼りにした治療では不可能に近く、そういった箇所に感染源が残り、ときには再治療、最悪の場合は抜歯に至るケースが想定できます。

根管治療は、菌との戦いであり、菌を取り除くことはあっても、新たに入れてはならないのが原則です。そのため、処置中はラバーダムと呼ばれる感染を防ぐゴムのマスクをかぶせて、清潔な処置をされていることが重要です。そしてもう一つ大事なのがマイクロスコープです。特に、すでに治療介入がされている再根管治療の場合は、最初の根管治療によって根の管の形がさらに複雑になってしまい、治療が困難になるのでマイクロスコープの優位性が格段に上がります。

マイクロスコープとラバーダムの併用は、根管治療を成功させるためには必須のものですが、日本ではマイクロスコープの普及率は10%ほど、ラバーダムは5%ほどと言われ、数少ない歯科医院でしか行われていないのが現状です。根管治療がうまくいかずに悩まれている方は、どちらも用いた世界水準に準拠した根管治療をおこなえる当院にご相談ください。

根管治療の代表的な症例

世界水準に準拠した根管治療

症状 奥歯が痛くて噛めない、歯茎が腫れている
治療法 世界水準に準拠した根管治療
費用 被せ物まで含め~15万円
通院回数 状況に応じ異なりますが、このケースの場合は4回の根管治療、2回の被せ物治療で合計6回かかりました。
備考

一番奥の歯の根の先にできた根尖病変が、手前の歯の根にまで達し、治療が遅れると手前の歯まで巻き込んで共に抜歯となる可能性もありましたが、マイクロスコープを活用した根の治療により根尖病変は消失しました。
根の治療をいくらしっかりとやっても、治療後の蓋の役割をする、被せ物や詰め物がしっかりと精密な物になっていないとそこからまた菌の侵入を許し、再発へとつながってしまいます。
保険治療の被せ物ではそのクオリティを高く維持することは困難であるため、マイクロスコープを用いた精密な根管治療を行なった場合、被せ物や詰め物は精密なクオリティを維持できる自費治療でさせていただかないと治療の長期的な維持ができません。精密根管治療を選択いただいた場合、被せ物は自費治療でさせていただきます。
全ての治療において言えることですが、その歯の状況に合わせ歯が最大限長持ちするよう全力を尽くして治療しますが、一生保つことを確証するものではありません。
マイクロスコープを用いた精密な根管治療の成功率は、保険水準のものに比べ高くなりますが、100%の治癒を約束したものではありません。世界中の論文データをもとにした成功率は以下の通りです。

  • ①現在まで治療未着手の根管で、根の先に病変のないもの:約90%(保険水準では50%以下)
  • ②現在まで治療未着手の根管で、根の先に病変があるもの:約80%(保険水準では30%以下)
  • ③すでに治療介入がされており、根の先に病変があるもの:40%~70%(歯の状況により異なる)

成功とは、症状が治まり、根の先の病変が存在しなかった場合は発生させず、存在した場合は治癒あるいは進行が止まることを指します。(病変は早いもので約3ヶ月で治癒しますが、最大約20年かけ治癒した報告もあり、病変の残存を一概に成功していないと言うことは難しいためです)