のかめニュース

『2018年 歯科臨床研鑽会総会に参加、懇親会にて会長 高田光彦先生の依頼を受け、顕微鏡を使った外科的歯内療法について症例発表を行いました!!』

〈今年の歯科臨床研鑽会のテーマは『虫歯』についてでした。
治療はもちろん、リスク評価、予防について深い話が聞けました。〉
昨年のテーマであった「予防」から、今回は「虫歯」。どちらも患者さんからすれば「今更勉強するようなことなんかあるの?」と思われるかもしれませんが、実はまだまだ明確になっていない部分は多くあり、治療法もその捉え方次第で様々な方法が存在しています。
我々歯科医師は、常にその情報を最新に保つよう努め、複数ある選択肢から、現在取りうる最善の方法を患者さんに説明する、そして最後は患者さん自身によってそれを選択してもらうということになります。
これからますます、お年を召された方でも歯は多く残っている時代になります、そうなると治療はもちろんですが、予防の重要度がかなり高まっていきます。虫歯予防についての大切な話を聞くことができました。前日に行われた懇親会では、会長からの依頼で『顕微鏡使用下での歯根端切除術」について症例発表を行い、好評をいただきました!