医院の特色

【1】都会に負けない先端歯科治療(自由診療のみ)

当院の特色は、田舎にあっても都会以上の先端歯科治療を提供できる保険外(自由)診療にこそあります。

保険治療は日本全国どこでも、どの程度の技術で治療しようと治療内容により料金は同一と国に決められています。
極端な話、卒業したての気概がない不器用な研修医が治療しても、世界で講演する熱意溢れる腕利きの先生が治療しても同じ値段です。
さらに保険治療では、そもそも適応が認められていない、もしくは認められていても設定金額が低すぎて優れた治療技術、材料、薬剤を使うと赤字となってしまうため行えない、一回の治療に時間をかけられないなどの制約が多くあります。
img_5701

保険治療では治せないような難症例を治す技術、より長持ちする可能性を高められる精密な治療、それを可能にするだけの研鑽と投資を当院のドクターは惜しみません。

日本各地へ著名な歯科医師の研修会を受講するため飛び回り、治療水準の低い日本を飛び出し、時に海外にも赴き研鑽を積んでいます。
機械、器具、材料なども、最新で水準の高いものを導入しています。

しかし保険治療では、学んできた技術自体が保険適応されていなかったり、設定金額が低すぎるため学んだ技術や導入したものを活かす事ができません。

なぜなら保険治療ではこだわりのある治療をするほど赤字に、こだわりを省けば省くだけ黒字になるからです。
医院も経営で成り立っている以上、保険治療で極端にこだわり尽くした仕事はできません。

そのため来院の皆様には当院の全力を尽くしたこだわるある医療を提供できる保険外(自由)診療での治療を強くお勧めしています。

 

【2】精密歯科治療

都会ではすでに、肉眼で歯科治療をしている医院は少なくなっています。
肉眼での治療は、とても細かい作業を、暗い口の中で行う歯科治療において大変困難を極め、勘と経験に頼らざるを得ません。IMG_5709

この、「見えているつもり、治せているつもり治療」からの脱却「見えて、治せている治療」への転換が今の歯科界には起こっているのです。

野亀歯科医院では、2010年、この田舎ではいち早く、拡大鏡(より細かい部分まで拡大して見えるレンズ付きのメガネ)を採用。その後、2015年にマイクロスコープ(手術用顕微鏡)を導入!

2017年には、日本の歯科界で手に入る最高級機種のマイクロスコープ『プロエルゴ』を導入しました!

医師、衛生士の全てが拡大鏡あるいはマイクロスコープ(手術用顕微鏡)を用いた治療を行っています。

詳しくは《精密歯科治療》の紹介ページをご覧ください。

 

【3】世界一清潔な治療環境

野亀歯科医院は、患者さんのお口に入れる器具を世界一清潔な状態で使いたい、そう考えて来ました。

口の中の病気のほとんどは細菌感染症ですし、時には処置中に器具に血がつくこともあります、一度使った器具は当然ですが細菌と血で汚染されます。
これを綺麗にして、次の患者さんに使うためにするのが「滅菌」という作業です。
滅菌器は性能のいいものから、悪いものまでピンからキリですが、当院では世界一のピンと呼べる滅菌器『Lisa(リサ)』を導入しています。

これは滅菌環境に最も厳しい基準を設けているヨーロッパの最高ランクであるクラスB規格の滅菌器で、現在日本で実現できる最高水準の滅菌環境を実現しています。

もちろん最近ニュースで話題になった、「機器・手袋の使い回し」は当院では一切行われておりません。

また、クリーンスタッフが常駐しており、医院全体をこまめに掃除して綺麗な状態を保ってくれています。

患者さんが気持ちよく治療を受けられる環境のため、こういった部分にも気をつけているんです。

【4】カウンセリングの充実

野亀歯科医院では、治療のスタート時または治療の途中においても、必要に応じてカウンセリングを実施しております。

これは患者の皆様が歯科治療に何を希望しておられるかを知るためであり、歯科医院としてそのためにできる事を具体的にお示しするためのものです。

また前述の通り、当院はより良い治療を受けていただけるよう保険外(自由)診療をおすすめしていますので、保険と保険外(自由)診療の違いについても分かりやすくお話しさせていただいています。

当医院では患者の皆様のプライバシーをお守りするためにカウンセリングルームを完備しております。

また、カウンセリング専門スタッフ(コーディネーター)が、患者様のご質問に的確にお答えできるように、日々研鑚を積んでおります。

“保険治療と自費治療、何が違うの?”
“最近よく耳にする「インプラント」ってどんな治療なの”
“今使っている入れ歯は噛めないし、留め金が目立って、、”
“口を開けると銀歯がめだって嫌だ。”

何でも構いません。日頃疑問に思っていることを、ご遠慮なくおたずねください。
出来る限り、わかりやすく、丁寧におこたえさせていただきます。

【5】バリアフリー化

岡山県北に位置する美作市は、高齢化が急速に進んでいます。

当医院を訪れてくださる患者様も例外ではありません。

2006年から当医院は、院内を次々と改装し、バリアフリー化に努めてきました。駐車場に障害者用スペースを用意し、エントランスには車イスで楽々昇れるスロープを設けています。玄関から待合室、そして診察室まで段差は一切ありません。トイレは、車イスのまま入っていただける広さを確保。高齢者、障害者向けの診察台も設置しています。

お気軽に御来院ください。

【6】患者様のニーズに寄り添って

“診療の順番を待つ間、待合室でコーヒーが飲めたら…”

最新の雑誌を片手にコーヒーでブレイクタイム…。歯科医院の待合室がちょっとしたカフェのように感じられたら、順番待ちのイライラが多少は改善されるかもしれませんね。

当院では、待合室に無料ドリンクバーを設置しています。コーヒー、紅茶、日本茶…。その時の気分でお選びください。

“歯科医院に漂う独特の臭い…。どうしても好きになれないなあ。”

当院では、入り口から待合室、診療エリアまで、ほのかなアロマの香り(バラ、ユーカリ、ラベンダー、牡丹、リネンetc。)で満たされています。消毒薬の臭いを嗅ぐと痛みを連想して緊張してしまう方も多いはず。アロマの良い香りに包まれると恐怖の連鎖反応から開放されますよ。

また、それぞれのエリアで香りが違いますので、嗅ぎ分けていただくのも楽しいかも…。

“今日は歯医者に行く日。やっと白いきれいな歯が入る…。私の印象変わるかな。”

自由診療は保険診療に比べると材質・技術等の違いから、治療費が高くなります。

治療そのものも精密さが要求されるため、時間的・肉体的に保険診療より大変になります。

その分、白い歯が入った時のよろこびは格別です。院長以下スタッフ全員、患者様とそのよろこびを共有できたらと思い、ささやかですが、お花のプレゼントをしています。患者様のありがとうの笑顔が私たちスタッフへの最大のプレゼントなのです。

医院の特色” に27件のコメントがあります

コメントは停止中です。