のかめニュース

 

《副院長のダイレクトボンディング治療技術を学ぶため、当院まで日本各地から4人の先生が学びに訪れました!》

正月明け三連休にも関わらず、岩手県盛岡市、神奈川県鎌倉市、香川県坂出市、岡山県岡山市から4人の先生方がはるばる当院まで勉強においでになりました。
副院長の「マイクロスコープを用いた精密歯科治療の環境設備」の見学と、「ダイレクトボンディング治療」のレクチャーを受けるためです。

副院長が取り組んでいる、ダイレクトボンディング治療は
虫歯を削った後、接着処置を施した歯にコンポジットレジン(合成樹脂)を盛り上げていくことで術者が直接修復する治療法ですが、治療を行う先生のセンスと腕前によって品質に大きな差が出るため、多くの先生が治療自体を取り扱っておられないか、取り扱っていても技術レベルを上げるため研鑽を続ける日々を送っておられます。

当院副院長は、もともと彫刻や絵画、もの作りが趣味であったため、比較的短期間にダイレクトボンディング治療の技術に自信をつけ、多くの症例を発表しております。
今回、症例を見てくださった先生方から要望を受け、初となる
プライベートセミナーを当院で開催させていただきました!先生方は1.5日間で、副院長こだわりのマイクロスコープ設備を見学、4つの歯の形態を学び、作り方のレクチャーをうけ、
湯郷温泉で温泉宿を堪能され、大変満足をいただけたようでした!

副院長自身もこの経験から多く学ぶことかでき、さらなる技術向上に、意欲が湧き上がった2日間でした。
プライベートセミナーは大変好評であったため、これからも希望がいただける限りは続けていきたいと考えています。
この技術を広めることが、多くの患者さんの幸せに繋がりますよう!