のかめニュース

『衛生士の技術力アップのため、顕微鏡歯科学会 認定衛生士である髙橋 規子 衛生士をお招きし、二日間みっちりと指導して戴きました。』

《フリーランス衛生士として3つの医院に勤務するかたわら、講師として全国で指導をされる髙橋衛生士に来て戴きました。》
10月14、15日の二日間、当院の衛生士と現在育休中の友里恵先生は外部講師をお招きして、歯の掃除技術向上のための講習会を行いました。
髙橋衛生士は、普段からマイクロスコープ(歯科手術用顕微鏡)を用いて衛生士業務をしておられる、日本ではまだ数少ない顕微鏡歯科学会の認定歯科衛生士で、全国で講演活動をしておられます。
3人は今回、掃除道具の特性、研ぎ方、動かし方の基本、実際に患者さんの口の中で器具を操る際の姿勢、マイクロスコープを使うことの利点など、2日間みっちりと指導を受けました。
普段、忙しい仕事と生活の中で、スタッフが遠方まで勉強に出かけるというのはなかなか簡単に出来ることではありません。
野亀歯科医院では時にこのように外部講師を招待し指導いただくことで、スタッフが負担を少なく勉強できるようサポートしています。